趣味の週末料理

【レシピ紹介】煮物~鶏肉増量してます~

美味しくて簡単に作れて保存もできて、晩御飯のおかずからお弁当にも対応する万能選手。
大好きなのでしょっちゅう作っています。

【参考にしたレシピ】

主菜という感じではないのだけれど、副菜で用意すればお腹いっぱいに。
お肉を多くすればメインおかずも張れるかもしれない。
そんな煮物です。

その日の晩後はもちろん、たくさん作って冷蔵庫で保存しておけばお弁当のおかずにも。
レンチンでするだけで簡単に美味しく食べられるのでお留守番の子供にも人気です。
週末作り置きしておいて、平日の夕飯のおかずに使ってもらう事も良くあります。
何にでも使える凄い料理ですね。
あとはアレです。作り置きをつまみ食いするのに最適。


作り方なのですが、
参考にしたレシピの材料の他にウチでは鶏もも肉・しいたけ・焼きちくわ・ごぼうなんかも入れます。
特に椎茸は家族に大人気なのでかなーり入れます。
あとは肉だ肉だとやかましい育ち盛りの為に鶏もも肉も入れています。
普段は1枚ですがメインおかずにしたいなという時は2枚。
他にも旬のもので美味しそうな食材を見つけたらぽいぽいっと。
細かいことは気にしない!好きなものを入れて美味しく食べよう~
みたいなノリが許される懐の深い料理なのかもしれません。
逆にレンコンはよく除外されます。お値段が高い時が多いですし。

どうでも良いこだわりとしては、
焼きちくわに入っているメーカー名の焼印は包丁が入らないようにしています。

当たり付きみたいな感じで嬉しくないでしょうか?
うちの子だったら喜びそうな気がします。

盛り付けは大皿に盛り付けてみんなで食べたり、小皿にちょっとだけ乗せて箸休めにしたり。
ちくわを小さく切ってお弁当に入れるのも良し。
色々使いみちがあっていい感じです。

元のレシピでは下茹でをして軽く炒めてから煮込むと美味しくなります!って書いてありますが、
何度か作っているうちにウチでは炒める手順が無くなってました。
それでも十分美味しいので大丈夫!
鶏もも肉は一口大に切って10分程下茹でしてから入れるといい感じでした。

出来上がりの見た目に緑がなくて寂しいので、
今後はその辺りを工夫するといい感じになるのかもしれません。
絹さやとか入れれば良いのかな?


実は子供の頃に良く実家で食べていた料理です。
その頃から煮物と呼んでいるのですが、
よくよく考えてみると「煮物ってなんの煮物なの?」という名前ですよね。
料理の本をあれこれ見ていると、筑前煮に似ているかも。
そんな煮物を実家を思い出しながら作ってみましたが、やはり母の味には遠く及びませんね。
今度コツを聞いてこよう。

余談ですが大皿に盛って食卓に出すと、決まって兄弟での肉の取り合いが始まります。
男の子2人ですからね。弱肉強食で結構結構。

足元には「いい子にしてるからオレにもくれ」と言いたげな3人目が……
茹でてる最中に端切れを取り分けてあるの知ってるもんねぇ。
こやつの鼻は誤魔化せそうもありません。

取り分けたお肉は茹でまくってカラッカラになっているんですけどね。美味しそうに食べてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です